約400年続く柳屋本店の歴史は、植物原料と向き合った歴史。
  • 始まりは創業者・呂一官の植物効能の知識と技術から。 柳屋本店は1615年(元和元年)に創業。徳川家康に仕えた漢方医・呂一官の生薬を中心とした知識と技術が認められ、大奥に梳油(すきあぶら)、紅、おしろい等を納めていたと言われています。
  • 昭和を代表する商品の一つとして。 センブリや延命草など、植物より抽出された生薬成分を含み、頭皮・頭髪を健やかに保てる「柳屋ヘアトニック」は、昭和を代表する商品の一つとして、各家庭や銭湯などに置かれ、多くの人々に現在でも愛されております。
  • 受け継がれた技術。 江戸期より絶やすことなく造り続けた柳屋本店の、植物素材を利用するという考え方。そのノウハウを生かして、平成の世に登場した「Fresh Tonic」は、使用感・爽快感が評判となり、天然柑橘成分配合の「Fresh Tonic 柑橘EX」を筆頭に、多くのお客様に愛される現在、好評発売中です。